zz 東陽町東口クリニック | 漢方内科 漢方皮膚科 心療内科 頭痛外来(気象病・心身症・不定愁訴)

江東区『東陽町』駅 徒歩1分 心療内科・漢方外来

東陽町東口クリニック

漢方外来(漢方内科 漢方皮膚科)心療内科 頭痛外来(気象病・不定愁訴)

お知らせ>>9月15日(水)は臨時休診とさせて頂きます。

当面の間、平日は最終受付を18時までとさせて頂きます。

初診の方は必ず「初診の方へ」の欄をご覧下さい。

臨時休診のお知らせや治療の理解を深めていただくためブログを書いておりますので、受診日前日・当日は必ずブログをご覧下さい。

>>ブログはこちら

初診は「完全予約制」です。

初診・土曜日・平日18時以降の再診は「予約制」です。

>>初診の方へ

診療日時変更のお知らせ>>

水曜の診療は16時からとさせて頂きます。
※毎月第1金曜日は17:30までとさせて頂きます。

>>診療案内

診療時間
10:00-13:00 × × × ×
16:00-19:00 × ×
× ×

主に診療している疾患

  • 漢方薬での各種治療(冷え症/肩こり/疲れやすい等)
  • 心身症(心が多少関係する身体の不調)/
  • 原因不明の身体の不調
  • 女性特有の身体の不調(月経前症候群/更年期障害等)
  • 不定愁訴(頭痛/めまい/肩こり/腰痛/咳/動悸等)
  • アレルギー(鼻炎/喘息/アトピー/慢性じんましん等)
  • 不安症状(対人恐怖/あがり症等)

※保険診療

心身症とは・・・漢方薬を併用した治療

心身症とは、精神の問題やストレスはあまり無いのに多少は関係があり、一般の治療ではなかなか良くならない喘息や胃潰瘍など、「身体(内科)の症状・病気」のことです。
心理的自覚が無かったり、何かに集中していたり、眠っているときは症状が軽くなるのが特徴です。
これらの「身体(内科)の症状・病気」を治す科が「心療”内科”」です。
特に、内科・皮膚科・婦人科・耳鼻科など、身体を診る科で良くならない「身体の不調」でお困りの方にいらして頂きたいと思います。
このような症状には、漢方薬がよく効きます。

            

また、患者さんのほとんどが

「かくれ貧血」

という状態です。血液検査をしても異常ないと言われたのに、 頭痛、めまい、冷え、疲れ、不安、不眠、月経の問題などの貧血症状が出ることを言います。漢方では血虚という概念に近く、 いわば「できそこないの血液」が流れているので、体調がおかしくなってしまうのです。

「フェリチン」

という物質を測るとわかります。漢方薬や栄養指導で改善します。 タンパク質、鉄、ビタミンB、C、亜鉛などが重要です。               

ビタミンDの重要性

ビタミンD不足が様々な病気を引き起こすことが分かってきています。

がん
骨粗しょう症
免疫の調整 ←重要
花粉症など各種アレルギー
糖尿病
うつ病
発達障害
いわゆる現代病と呼ばれるものが多いですね。

ビタミンD血中濃度は40-60μg/dl程度が理想とされていますが
当院で昨年一年間計測したところ10-20μg/dl程度の方がほとんどでした。

当院では「ビタミンD血中濃度」の計測を強く推奨しています。
ご希望の方はおっしゃって下さい。

自己流でのビタミンDサプリ摂取は非常に危険です。
また、ビタミンDサプリを多めに摂取する場合は、マグネシウム、ビタミンKも必要です。
危険ですので、必ずサプリに詳しい医師の診察・定期的な血液検査を受けてください。

一般的に、海外のサプリは高容量のため、特別な知識が無いと非常に危険です。
事故を散見します。ご注意下さい。

当院では治療が困難な方

医院のルール・医師の指導を守れない方
乱暴な言動のある方
家庭・職場に大きなトラブルのある方(離婚問題・パワハラなど)
煙草で臭う方 ※院長が重度のタバコ過敏症(アレルギー)のため

詳細は【初診の方へ】をご覧下さい